BUSINESS
TO OWNERS TO RESIDENTS TO DEALERS Q&A NEWS RECRUIT COMPANY

SITE CONTENTS

TEL:06-6211-0550
TEL:0120-69-0550

営業時間: 10:00〜19:00(定休日: 年末年始)

Mail: info@lc-management.co.jp

〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋2-2-7御堂筋ジュンアシダビル10階

ARCHITECTURAL

建築再生事業

リノベーションとコンバージョン

マンションの画像

リノベーションやコンバージョンを通じて既存ストックとしての不動産の再生提案を行います。

不動産再生の手段として【リノベーション】【コンバージョン】を提案します。
リノベーションやコンバージョンは改修・用途変更であり既存物件を再利用することが可能です。
その建物がより新築時に所持していた機能や価値に近づけることを目指します。

リノベーション

マンションと青空の画像

BEFORE

マンションと青空の画像

AFTER

リノベーションとは、改修工事などにより、その建物がもともと持っている性能に新たな価値を加えることです。

既存物件に改修工事を加え、性能の価値の向上をさせる不動産再生手法です。建物の経年による劣化や性能の低下、間取り等を時代に合わせてマッチさせるように向上させます。
安全性の確保、耐震性確保、耐久性向上、省エネ化、間取り変更、設備仕様の更新などが具体例です。

コンバージョン

マンションと青空の画像

BEFORE

マンションと青空の画像

AFTER

コンバージョンとは、その建物がもともとの用途を変更して新たな価値を加えることです。

稼働率の低下したオフィスビルを居住用に変更する等、これまでの用途を変更することでその性能や価値を高める再生手法です。昨今の不動産情勢は大手企業のオフィス離れが始まり稼働率の低下に伴い賃料の下落が続いている状況です。条件が合えば、オフィスビルから住居ビルに用途変更することで収益性の改善に繋がります。

メリットとデメリット

リノベーション
コンバージョンのメリット

  • 建替えよりも建設コストが安価であり解体費用も部分解体で済むため、投資金額を抑えられる
  • 着手から完工までの期間が短い
  • 入居者の立ち退きがなくても工事を進行できる
  • 再生により不動産の資産価値を高めることができる
  • 需要の見込める間取りや用途に変更することで、収益性の改善が可能になる

リノベーション
コンバージョンのデメリット

  • 類似の用途変更以外の特殊建築物への変更は建築確認申請が必要。(建築基準法の用途変更があるため)
  • 既存不適格建築物の場合には、現行法規に適合させる必要がある

CONTACT

お問い合わせ

当社の事業内容・対応等のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら